てくてくマッチョ ー30代ゲイの日々ー

30代ゲイが未来に向かって、てくてく歩く日々を綴ります。

好きなタイプ

僕は自分が「男好きだなー」と自覚してから17年位経

つのですが、好きなタイプは時の経過と共に僅かに変

化してきました。自覚当初の中学生の頃は、「マッチ

ョならいい」みたいなイージーなものでした。既に大

人びてガッチリしていた友達の股間ばかり見ていまし

たね(笑) 高校時代になると、かなりファザコン要素

が入ってきました。きっかけになったのが、教科の生

物の教師との出会い。そこで生まれて始めて恋をした

ような気がします。その人、決して派手では無いので

すが、凄く存在感があるんですよね。いつも背筋が伸

びてて、凛として常に落ち着きがありました。体つき

も太ってはいないけどがっしりされていて、昔の横綱

みたいな雰囲気だなあと感じていました(現代のちゃ

らついた感じでは無く……)。授業開始のチャイムが鳴

ってるのに関わらず、クラスの皆がまだはしゃいでい

る時ってよくあるじゃないですか。そこへ、その先生

が戸をガラガラと開けて教壇に立つだけで皆が静まり

返る(笑) 怒鳴ったりしたところを一度も見たことが

無く、いつも温厚な方でしたが、いざとなったら黙ら

せる雰囲気を身に纏っていました。あれが威厳という

ものなのかな。僕はもう生物の授業が楽しみで、授業

の度にその先生の股間ばかり見ていました(笑) その

先生の影が今も心のどこかにあるのか、似た雰囲気の

人に引かれてしまいます。似たような、穏やかな男っ

ぽさみたいなものを持ってるとセンサーが反応します

ね。別に体つきには拘りません。逆に見せかけのオラ

ついたのは興醒めします(´ω`) アラサーになった今

は、年下も対象になって来ました。おっさん化したの

かな? これからもタイプの変化はあるのかな??